里いもの下ごしらえ

料理◎大庭英子 撮影◎榎本修

里いもはぬめりをとると味がしみ込みやすくなります。
下ごしらえのコツをつかんで、見た目にも美味しく仕上げましょう。

1.材料を用意する

1.洗う

たわしでこすって水洗いし、ざるに上げて水気をきる。

2.材料を刻む

2.皮をむく

上下を切り落とし、上から下へ縦に皮をむく。切り口が六角形になるように回しながら6回で皮をむく(六方むき)と見栄えがいい。

3.混ぜる

3.塩もみする

ボウルに皮をむいた里いもを入れ、塩大さじ2/3を加えてよく手でもむ。

3.なじませる

4.洗い落とす

里いものぬめりや汚れをよく洗い落として、ざるにあげる。

●里いもで手がかゆくなるのは、ぬめり成分によるもの。なるべく乾いた状態で扱うとよいでしょう。
いもをつぶして使う場合は、皮つきのままゆでたり、電子レンジで加熱して皮をむいても。

2017.10更新