大根を下ゆでする

料理◎大森いく子 撮影◎黒部徹

大根は下ゆですると、特有のアクがとれて中までしっかり味がしみ込みやすくなります。
この季節大活躍の大根を、ひと手間かけて美味しくいただきましょう。

1.面取りする

1.面取りする

大根を輪切り(約4cm幅)にしてやや厚めに皮をむく。切り口の角を薄くそぎ落とす(面取り)と煮崩れしない。

2.隠し包丁

2.隠し包丁

片面(または両面)に厚みの1/3くらいまで十文字の切り込みを入れる(隠し包丁)。

3.米を入れる

3.米を入れる

鍋に大根を入れてかぶるくらいの水と米大さじ1〜2(または米のとぎ汁)を入れて下ゆでする。

4.仕上がり

4.仕上がり

竹串をさしてスーッと通るくらいになったらゆで上がり。

●下ゆでした大根はじっくりそのまま冷やすと、透明感のあるきれいな大根に仕上がります。
ふろふき大根やおでん、煮物などにしてお楽しみください。

2018.01更新