厚焼き卵の作り方

料理◎大庭英子 撮影◎榎本修

朝ごはんやお弁当などに欠かせない卵焼き。塩味やしょう油味など各家庭で味付けが違う、おふくろの味の定番ですね。
基本をマスターしてわが家の味を作りましょう。

1.3分の1量焼く

1.3分の1量焼く

卵は泡立てないように手早く溶きほぐし、調味料を加えて混ぜる。卵焼き器を中火で熱して、卵液の3分の1量を流し入れ全体に広げる。

2.焼いて巻く

2.焼いて巻く

菜箸で半熟状になるまで焼き、火を弱めて奥から手前に向かって巻き込む。巻いたら奥に寄せ、あいた部分に油をひき、残りの卵液の半量を流し入れる。

3.繰り返す

3.繰り返す

巻いた卵焼きを少し持ち上げて下に卵液を流し入れ、弱めの中火で焼いて半熟状になったら手前に巻き込む。

4.焼き上がり

4.焼き上がり

3を繰り返して残りの卵液を焼き上げる。巻きすなどで巻いて形作り、食べやすい大きさに切る。

●火加減はあまり弱火にしないで焦がすくらいの気持ちでトライしましょう。

2018.04更新