赤飯を炊飯器で炊く

料理◎大庭英子 撮影◎榎本修

お祝いの食卓に欠かせない赤飯。本来は蒸して作りますが、炊飯器でも簡単に美味しくできます。お正月はもちろん、成人の日や節分、ひな祭りなどハレの日にぜひどうぞ。

1.水気をきる

1.水気をきる

もち米は炊く30分前に洗い、水気をきっておく。

2.小豆をゆでる

2.小豆をゆでる

小豆は洗って鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて中火にかけ、沸騰したら火を弱めて2~3分ゆで、ざるに上げてゆで汁をすてる。鍋に戻して水を入れて沸騰したら弱火でふたをして12~15分硬めにゆでる。

3.分けて冷ます

3.分けて冷ます

ボウルに万能こし器を重ね、小豆とゆで汁に分けて冷ます(乾燥しないように小豆にラップをかけてもよい)。

4.炊く

4.炊く

炊飯器の内釜にもち米を入れ、冷ましたゆで汁をおこわ用の目盛りまで注ぎ(足りなければ水をたす)、ゆでた小豆をのせて炊く(あればおこわモードで)。

●小豆はゆで過ぎると炊いたときに皮が破れるので、硬めにゆでましょう。小豆はササゲに代えても。

2019.01更新