第2回

家庭菜園・きほんの「基」

イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

第2回は「植えつけ」です

苗の準備ができたら、いよいよプランターや畑に植えつけ(定植)です。
購入した苗はすぐ植えつけるのではなく、4~7日間くらいおいて新しい環境に慣れさせてから植えつけましょう。
植えつけする日は、なるべく風のないよく晴れた日を選びます。また、日中の暑い時間帯や直射日光が当たる時間はさけて、日差しがやわらいできた涼しい時間帯に行いましょう。

①植えつけ当日の朝、ポット苗にたっぷり水やりします。
②植えつける場所にポット苗を置いて位置を確認します。
③植えつけるための植え穴を、根鉢より少し大き目に移植ごてを使って掘ります。
④植え穴に水をたっぷり注いで、完全に水がひくまでまちます。
⑤根鉢を崩さないようにポットから苗を抜き、畝の高さと根鉢の表面が揃うように植え穴に植えつけます。接ぎ木苗の場合は、接ぎ木した部分を絶対に埋めないように注意しましょう。
⑥土を寄せて苗の表面を平らにならし、両手のひらで株元を軽く押さえて苗を安定させます。

img_01

2017.05更新