第10回

家庭菜園・きほんの「基」

イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

第10回は「連作障害」です

今年は何を作ろうかな、と植えつけプランを立てるのは楽しいですね。同じ畑に野菜を植えつける場合、まず押さえておきたいのが「連作障害」です。同じ場所で同じ科の野菜を続けて栽培すると、生育不良を起こしやすくなるのが「連作障害」で、この障害を防ぐために他の科の野菜を植えて、輪作を行います。
野菜によって連作障害の差があり、何年もあけた方がよいものと、毎年続けて作っても影響の少ないものがあるので、下の表を参考にして畑の植えつけプランやローテーションを組むとよいでしょう。最近は接ぎ木苗や連作障害に強い品種なども出ているので、うまく活用するのもおすすめです。
プランター栽培の場合は土を入れ替えれば大丈夫です。

2018.01更新