第12回

家庭菜園・きほんの「基」

イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

第12回は「土づくり」(プランター編)です

プランターで家庭菜園をはじめるとき、どのような土を選んでいますか?プランターは畑と違って根が張れるスペースが少ないので根詰まりや通気性が悪くなり、根腐れを起こしやすくなります。一般に保水性、排水性、通気性、保肥性のよい土が適しているといわれますが、初めからこういった条件がそろっている土はありません。そこで、栽培する野菜の特徴や用途に合わせて、様々な種類の土や肥料を混ぜ合わせて「土づくり」をする必要があります。
ビギナーにおすすめなのは、あらかじめ数種類の土をブレンドして、野菜の生育に適した状態にしてある「培養土」です。「野菜用の土」とか「家庭菜園用」と書かれたものを選べばOKです。
慣れてきたら、自分で用土を買ってブレンドするのも楽しいですよ。ごく基本的な配合は「赤玉土7:腐葉土3」です。これをベースに「ピートモス」「バーミキュライト」「堆肥」などの改良用土を加え混ぜ、育てる野菜の環境にあった土づくりをしましょう。

2018.03更新