家庭菜園・きほんの「基」肥料編

指導◎岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

Q昨年サツマイモを植えましたが、コロコロ小さなイモばかりできてしまいました。大きなイモを収穫するにはどうしたらよいですか?

Aサツマイモ栽培では、蔓ばかりが伸びて芋の肥大や品質が悪くなる「蔓ボケ」に注意が必要です。昨年のサツマイモは蔓ボケ気味だったのではないでしょうか? 窒素肥料のやり過ぎで蔓ボケ状態になります。サツマイモの窒素成分の施用量は、1m2当り2~3g程度とかなり少なめです。窒素含量8%の化成肥料なら30g程度です。また、通常追肥は不要です。
 サツマイモは適度に有機物を含み、通気性、排水性が良い土壌を好みます。有機物を補給するためには、完熟堆肥を作付けの1か月以上前に施用します。1か月以上の期間がとれなければ、前作の前に施用してもOKです。未熟堆肥の施用や、作付け直前の堆肥施用は、イモの表面の肌荒れやコガネムシ被害の原因となります。通気性・排水性を良くするためには、高畝栽培にします。マルチを張って初期の地温と土壌水分を確保し、発根を促進させることも、その後のイモの肥大のために有効です。無マルチ栽培ならば、苗挿しの30日後頃に土寄せをします。
 昔からサツマイモは「地力があって肥料気のない土で作れ」と言われています。今の言葉に言い換えれば「完熟堆肥で土づくりを行い、窒素肥料は控えめに」でしょうか。

img_01

2020.06更新

閲覧数ランキング