家庭菜園・きほんの「基」肥料編

指導◎岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

Q追肥をするときに気をつけるポイントを教えてください。

A追肥に用いる肥料は、NK化成(16-0-16)や硫安(N21%)、尿素(N46%)などの、水に溶けやすく効きが速い化学肥料が一般的です。有機肥料は一般に追肥には用いませんが、有機肥料の中でも比較的効きが速い菜種油かすなどは、生育期間の長いトマトやナスなどの果菜類の追肥に用いることもあります。
 株元や通路に追肥を散布したら、軽く土と混ぜてください。あまり深く耕す必要はありません。生育中の根を切ってしまうことがあります。土が乾いていたら水やりすると、肥料が水に溶けて根の位置まで速く届き、肥料の効きが速くなります。薄めた液肥を、水やりを兼ねて散布すると、NK化成などの粒状肥料を土に混ぜた場合に比べて、効きは更に速くなります。葉物などで肥切れして色が淡くなった場合の、葉色の早期回復などに効果的です。但し、肥料の持続性は粒状肥料のほうが高いので、上手に使い分けてください。

img_01

2020.08更新