実用化に向け研究が進む 【iPS細胞】

全農はiPS細胞による新しい医療の
実用化にむけた研究を支援していきます

京都大学の山中伸弥教授のノーベル生理学・医学賞受賞で広く知られるようになった「iPS細胞」。再生医療や新薬開発への活用が期待されていますが、治療法や新薬が実用化されるまでには長い年月を要し、安定した研究環境を維持するためには、多くの方々からの寄付が重要になっています。全農は、京都大学iPS細胞研究所への寄付に対する理解を広げようと、広報活動での連携をすすめる業務連携協定を結びました。
今回は山中伸弥教授に、iPS細胞を利用した現在の研究や実用化の状況などについてお話をうかがいました。

──山中教授は、マウスiPS細胞の作製に関する研究で、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞されましたが、あらためて、iPS細胞とはどのような細胞なのか説明していただけますか?
山中 人間の皮膚などの体細胞に、ごく少数の因子を導入し、培養するとiPS細胞が出来ます。出来上がったiPS細胞は、様々な組織や臓器の細胞に変われる能力と、ほぼ無限に増殖するという2つの能力を備えていることから、新しい医療を実現するために重要な役割を果たすと期待されています。例えば、神経が切断されてしまうような外傷を負った場合には、失われた神経の機能を再生するために、iPS細胞から作られた神経細胞を移植するなどの再生医療を実現できる可能性があります。
 また、患者さんの体細胞からiPS細胞を作り、それを用いた病気の原因解明や新しい薬の開発も期待されています。このようにiPS細胞は、再生医療や新しい薬の開発などに活用できると考えられています。

──iPS細胞を利用した再生医療や新薬の開発はいつ頃実現しますか?
山中 加齢黄斑変性という目の病気やパーキンソン病など、いくつかの病気についてiPS細胞を用いた臨床研究が始まっています。ただ、iPS細胞によって解明された事実が多い反面、まだ多くの疾患では基礎研究の段階であり、iPS細胞による新しい医療を実現するには相当な時間がかかると思います。

──特に農村地域は日本全体の平均よりも高齢化が進み、認知症やアルツハイマーなどの病気も深刻になってきています。
山中 人生100年時代といわれ、私たちの研究の大きなテーマのひとつは「健康寿命を延ばす」ことです。実際、健康寿命と平均寿命には10年の差があり「人生の終末をできるだけ健康に」を実現するためには、高齢化社会における医療が重要な役割を担います。加齢による細胞の劣化によって引き起こされるアルツハイマー等の病気に対するiPS細胞を使った再生医療の研究も進んできています。

──iPS細胞による医療研究には、国や企業などからの研究資金があると思いますが、なぜ一般からの寄付を募っているのでしょう?
山中 難病の治療法や特効薬の開発には長い年月と資金が必要です。国からの資金は使途や期限が限られており、企業は実用化が見えてこないと研究への支援が難しく、途中で資金不足に陥り研究を断念せざるを得ないケースも少なくありません。実用化が見えてくるまでは、一般の方々からのご寄付も活用させていただきながら、研究を維持し、高度な医療を全ての人に届けられるようにしたいのです。
 この度は当研究所の広報活動を全農からサポートして頂けることになり、大変うれしく思います。元気な社会、いのちを守る社会を作るためにもこれから手を携えていきましょう。

 いのちを守る農業に定年はありません。健康寿命を延ばすことは農家の人手不足解消や地域の活性化にもつながります。iPS細胞から発した治療法や新薬が1日でも早く実用化できることを願い、全農は京都大学iPS細胞研究所の活動を支援していきます。

寄付にご関心のある方または資料請求はこちら
http://www.kikin.kyoto-u.ac.jp/contribution/ips/
TEL:0120-80-8748(平日8:30〜17:00)

プロフィール

山中 伸弥(やまなかしんや)
1962年、大阪市生まれ。神戸大学医学部卒業、大阪市立大学大学院医学研究科終了(博士)。米国グラッドストーン研究所博士研究員、京都大学再生医科学研究所教授などを経て、2010年から京都大学iPS細胞研究所所長。2012年ノーベル生理学・医学賞を受賞。その他文化勲章など多数受賞歴あり。

2020.01更新