便秘を解消し大腸がん予防にも 【腸にはたらく米】

お米に含まれる「レジスタントスターチ」は、腸内環境改善に効果が期待されます

近年、免疫力を高めるため腸が重要な働きをしていることが明らかになってきており、腸内環境を整えるため発酵食品や食物繊維などを積極的に摂取している人も多いと思います。
最新の研究で米にも腸内細菌の栄養源になり、善玉菌を増やす食物繊維と同様な効果をもつデンプンがあることがわかりました。研究の第一人者といわれる岐阜大学の早川享志教授にお話をうかがいました。

img_01_h

──米に含まれるでんぷんに、腸内環境を整える可能性があるものがあるとのことですが、どんなものなのでしょうか?
早川 私たちが食事から摂取したデンプンは、消化酵素で分解され、ブドウ糖として小腸から吸収されます。以前はすべてのデンプンが小腸までで消化・吸収されると考えられていましたが、その後の研究によって、消化されずにデンプンの状態で大腸まで届き、食物繊維と同じ作用を発揮するものがあることがわかってきました。この消化・吸収されないデンプンをレジスタントスターチ(難消化性デンプン)と呼んでいます。

──食物繊維と同じような働きということは、便秘解消などに効果的ということですか?
早川 大腸内にはビフィズス菌や乳酸菌などの腸内細菌が棲んでいます。レジスタントスターチは大腸まで届き水溶性食物繊維のように腸内細菌の栄養源になり、善玉菌を増やして腸内発酵を促進します。増殖した善玉菌が糖を発酵させ、短鎖脂肪酸という酸がつくられます。短鎖脂肪酸は腸のぜん道運動を活発にしたり、粘液の分泌を促して腸のバリア機能を高めます。中でもn-酪酸は大腸のエネルギー源となり、腸内の環境を改善し、その働きを活発にしてくれます。

──米に含まれるデンプンが腸の奥まで働くことがどうしてわかったのですか?
早川 ブタに米を含む飼料(白米と玄米)を与えて腸内環境を調べる研究を行いました。その結果、米の摂取を続けることで大腸にデンプンが届き短鎖脂肪酸の濃度が上昇し、特に玄米ではn-酪酸の濃度は大腸の奥まで低下せずに維持されることがわかりました。大腸の奥は食物繊維が届きにくく、悪玉菌が優勢になりやすい環境ですが、米食によって大腸の隅々までレジスタントスターチが行き渡り、短鎖脂肪酸を増やすことが明らかになりました。

──カラダ作りのために主食のごはんを控え、肉を増やした食事をする人もいますが、腸の健康のためにはごはん食がおすすめということですね?
早川 過剰な肉食は腸内環境を悪化させ、悪玉菌が増える要因となります。悪玉菌が作り出すp-クレゾールなどの腐敗産物は腸に悪影響を与え、病気との関連も指摘されています。米に含まれるレジスタントスターチには善玉菌を増やすだけでなく、悪玉菌のはたらきを抑える作用も期待できます。

 日本人の大腸がんが増えているのは食生活の欧米化が原因と考えられています。他にも様々な要因があると言われていますが、予防には運動と食事が効果的です。レジスタントスターチを含む米をしっかり食べて腸内環境を整え、ウォーキングをプラスして元気な毎日を送りましょう。

※参考:NO RICE NO LIFE PROJECT(JAグループのお米消費拡大サイト)https://noricenolife.jp/ 「なるほど!米の新発見」「おにぎりダイエット+ウォーク」などを紹介しています。

プロフィール

早川 享志(はやかわ たかし)
1954年生まれ。三重大学卒、京都大学農学博士。2004年より岐阜大学応用生物科学部教授、主に体内環境改善効果について研究。著書に「快腸でんぷん健康法」(リベラル社)、「食物繊維 基礎と応用」(第一出版)、「ビタミンの新栄養学」(講談社)などがある。

2020.02更新