読者のひろば

ApronPLAZAへのお便りはいつでもご応募をお待ちしております。掲載分には薄謝を進呈いたします。

イノシシで若たけのこ全滅

 エプロン3月号の裏表紙に紹介されている「たけのこ」、まさに春!ですね。この頃、近くの竹林にはイノシシが現われ、若たけのこは全滅です。イノシシも食べないたけのこしか食べられないようになってしまいました。JAタウンの産直のたけのこが食べたいです。
 エプロンを読んで生産者の方々の心意気がよくわかり、感謝して頂いています。これからもよろしくお願いいたします。
(奈良県・時岡かよみさん)

発見がいっぱいのエプロン誌

 初めて見るアスパラガスの花、可憐ですね。本誌を読んでびっくりの発見がいっぱいです。アスパラガスは今まで冷涼な北国の生産量が多いと思っていました。佐賀県がトップクラスだということ、ユリ科の多年生植物というのにも驚きです。
 ハウス栽培で長期収穫ができるということですが、だからこそ冬場の土作りが大切なのですね。スーパーでお行儀よく並んだアスパラガスも、これからは手に取る感触が違ってきそうです。
(東京都・山下良子さん)

  • 佐賀県・大串洋子さん
    佐賀県・大串洋子さん
  • 岡山県・野﨑智さん
    岡山県・野﨑智さん
  • 神奈川県・河内栄子さん
    神奈川県・河内栄子さん

2018.06更新