July

カリフラワー

イラスト◎かとうともこ 監修◎山崎弘一郎

ブロッコリーの突然変異から作られたといわれる野菜です。
花蕾を白くキレイに仕上げるために外葉を束ねるなど、ひと手間必要ですが、日々の生長にワクワク、ドキドキです。

 ブロッコリーとほとんど同じ栽培方法で、生育適温は15~20℃と比較的冷涼な気候を好みます。乾燥には強いですが過湿に弱いので、土が乾いたら水をやる程度にして水はけのよい場所で育てましょう。
 ブロッコリーのように側花蕾がでないので、頂花蕾1個だけの収穫です。しかも「カリフラワーは白さが命」といわれ、花蕾は直射日光にさらされると黄ばんでしまう性質をもっているので、外葉を束ねてヒモで結んで光をさえぎるなどして純白に仕上げるひと手間が必要です。最近は、花蕾が白だけではなく、きれいな紫色やオレンジ色のもの、イタリアの伝統品種で幾何学的な形をしたロマネスコなど、色とりどりの品種があります。これらは逆に日当たりをよくすることで色づきがよくなります。
 連作障害がでるので、同じアブラナ科の野菜は2年以上あけましょう。

植えつけ

本葉4~5枚の苗を植えつけます。根鉢がすっぽり入る深さの植穴を掘り、根鉢を崩さないように注意して植えつけ、たっぷり水やりしましょう。

発芽

本葉が8~10枚くらいになったら薄めた液体肥料を与え、その後も1ヵ月に1回与えます。
同時に株元へ土寄せして、株をしっかり安定させましょう。
株を大きく育てると花蕾も大きくなります。

遮光・害虫に注意

【遮光】小さな白い花蕾が見え始めたら、外葉をとって花蕾にかぶせて日が当たらないように包み込むか、外葉を使って包み込むように束ねてヒモでしっかり結んで遮光しましょう。
【害虫に注意】ヨトウムシ、コナガ、アブラムシなどがつきます。葉の裏側や中心部をよく確認して、見つけ次第すぐに取り除きましょう。

時々、中を確認して花蕾が直径15~20cmで収穫しましょう。花蕾の根元にナイフを入れ、茎を切って収穫します。収穫が遅れると蕾の間にすきまができたり、表面がボコボコして花が咲いてしまうので、早めの収穫を心がけましょう。

●土づくりワンポイントアドバイス
カリフラワーは通気性・保水性のよい土を好みます。土づくりとして1m2あたり堆肥2kg、苦土石灰150g程度を土に混ぜ込み、植えつけ前に化成肥料(8-8-8)を1m2あたり150g程度を散布します。肥料切れすると花蕾の発育が不良になるので、花蕾がピンポン玉の大きさになるまでに1m2あたり100g程度を追肥します。

●カリフラワーの栽培スケジュール
(ベランダでも畑でも栽培できます)

カリフラワーの栽培スケジュール

土づくりワンポイントアドバイス

2017.07更新