January

支柱の立て方

イラスト◎かとうともこ 監修◎酒井俊昭

草丈が大きく生長する野菜や実がなる、蔓が伸びる野菜などは支柱を立てる作業が必要になります。
どんな支柱の立て方があるのか、また、ネットを張って蔓を誘引する方法などを紹介します。

 苗を植えつけた後に、倒れないように根付くまで支えてやるのが「仮支柱」です。その後、蔓が伸びる野菜や実がなる野菜などは「本支柱」を立てて株を支えます。支柱を立てることにより、株が風や実の重さなどで倒れるのを防ぎ、蔓や葉を立体的に育てられるので風通しや日当たりがよくなります。
 支柱の長さは野菜の背丈に合わせます。トマトやキュウリなど背の高いものは2m位の支柱、ナスやピーマンなど背の低いものは1m位の支柱を、生育に合わせて立てます。支柱の立て方は野菜の種類によって変わってきます。1本仕立て、3本仕立て、あんどん仕立てなどがあります。畑でよく使われるのが「直立式」と「合掌式」です。
 さらに、キュウリやエンドウ、インゲン、ゴーヤーなど蔓を伸ばす野菜は、支柱に蔓用のネットを張って、茎や蔓を8の字結びで誘引しましょう。

仮支柱

植えつけ後の苗が倒れないように、30㎝程度の短い支柱を斜めにさします。苗が完全に根づき、つるや側枝が伸び始めたら、長い本支柱を立てましょう。

【あんどん仕立て】【3本仕立て】【1本仕立て】

【1本仕立て】1株に1本の支柱を立てて支えます。比較的背丈の低いシシトウ、トウガラシ、ズッキーニなどに。

【3本仕立て】主枝と伸ばす側枝2本を選び、3本に仕立てる方法。真ん中に1本と左右に1本ずつ斜めにさします。ナス、ピーマンなどに。

【あんどん仕立て】主にプランターで栽培している蔓のあるマメ科の野菜やミニかぼちゃなど実が重くなる野菜向き。

【直立式】【誘引】

【直立式】畝に支柱を垂直に立てる方法。株に沿うようにまっすぐ支柱を立てて、補強用に水平や斜めに支柱を渡します。風や株の重みに弱いのが弱点ですが、少ないスペースで立てられます。1株ずつ多種類の野菜を育てるのに使うとよいでしょう。

【誘引】立てた支柱に茎や蔓をひもなどを使って結び付けます。茎は生長して太くなるので、茎と支柱の間にゆとりをもたせ、8の字結びで固定しましょう。

合掌式

【合掌式】キュウリやトマトなど2列に植えられた野菜に使われます。畝の両側から支柱を斜めにさして、先端部分を交差させてひもで結びます。さらに交差した部分に水平に支柱を1本渡して、しっかりひもで縛って固定します。強風対策のため、両側に支柱をクロスさせて補強するとより安心です。丈夫で安定感があるので、風や果実の重さに耐えることができます。

●支柱立てグッズいろいろ
【支柱】支柱用の棒は太さ、長さともに種類が豊富です。野菜の種類や生長に合わせて選びましょう。
【あんどん仕立て用支柱】広げるだけで「あんどん仕立て」に立てられる便利な支柱。鉢植えのミニトマトやブドウなどに。
【蔓用ネット】蔓をはわせて育てる野菜に。ゴーヤーのグリーンカーテン用などネットの目の大きさや土に還るエコネットなど多種多様。
【麻ひも】支柱を縛って固定させたり、茎を誘引する時に使用します。最近は簡単に固定できる留め具やカラータイなど便利なグッズがたくさんあるので、自分に合うものを探してみましょう。

2017.01更新