October

コマツナ

イラスト◎かとうともこ 監修◎山崎弘一郎

江戸時代から、現在の東京都江戸川区小松川地区で栽培されてきたというコマツナ。
暑さ寒さに強く、連作障害も出にくいので、家庭菜園で重宝される野菜です。

 生育適温は20℃前後と冷涼な気候を好みますが、耐暑性のある品種や耐寒性のある品種、トウ立ちしにくい品種など、それぞれの季節にあった品種が出回るようになり、ほぼ周年栽培が可能となりました。ただ、アブラナ科なので暖かくなると害虫対策が欠かせないので、秋まきがおすすめです。
 また、1~2週間おきに時期をずらして種まきをすると、長く楽しめます。寒さに当たったコマツナはホウレンソウ同様に糖やビタミンCの含有量が増え、うま味が増すといわれています。寒じめ栽培用の「ちぢみ品種」もあるので試してみるのもいいですね。
 コマツナは栄養価が高く、特に鉄分やカルシウムはホウレンソウより多く含まれています。さらに、ビタミンAやC、ミネラルなどの栄養素をたっぷり含んだ野菜なので、ぜひチャレンジしてみてください。

たねまき

【たねまき】深さ0.5~1cm程度のまき溝を作り、たねが重ならないようにすじまきします。薄く土をかぶせて表面を軽くおさえ、たっぷり水やりをします。

【害虫予防】防虫ネットや寒冷紗のトンネルなどをかけて予防しましょう。

発芽・間引き

【左】4~6日で発芽します。発芽がそろったら、混み合っているところ、育ちの悪い苗を間引き、葉と葉がふれあう程度にします。

【右】本葉が4~5枚になったら、株間5~6cmになるように2回目の間引きをします。
間引き後は倒れないように株元に土寄せしましょう。

水やり・追肥

土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりします。
2週間に1回、薄めた液体肥料を与えましょう。

草丈20cm前後になったら株ごと引き抜くか、株元で切って収穫しましょう。
大きくなりすぎると葉が筋張って硬くなるので、採り遅れないようにします。

●土づくりワンポイントアドバイス
コマツナは極端な粘土質土壌を除き、ほとんどの土壌で栽培できます。土づくりは1m2あたり堆肥2kg 、苦土石灰100g程度を土に混ぜ込み、約2週間後に化成肥料(8-8-8)を1m2あたり120g程度散布してたねまきします。

●コマツナの栽培スケジュール
(ベランダでも畑でも栽培できます)

コマツナの栽培スケジュール

土づくりワンポイントアドバイス土づくりワンポイントアドバイス

2017.10更新