November

パセリ

イラスト◎かとうともこ 監修◎山崎弘一郎

セリ科の緑黄色野菜で栄養価が高く、食欲増進などにも大活躍するハーブです。
冬越しさせれば、ほぼ一年中楽しめるので、鉢植えやプランター栽培がおすすめです。

 地中海沿岸が原産地。古代ローマで最も利用されたハーブのひとつといわれています。日本には18世紀にオランダから伝わったことから「オランダゼリ」と名付けられました。
 日本やアメリカなどでは葉が細かくカールする「縮葉種」(カーリーパセリ)が一般的ですが、ヨーロッパなどでは「平葉種」(イタリアンパセリ)が主流です。
 冷涼な気候(15℃~20℃)を好み、暑さ寒さは苦手です。冬場は0℃以下にならないように管理してやると枯れることなく冬越しするので、ほぼ1年中収穫を楽しむことができます。春まきと秋まきで育てられますが、苗を購入して植えつけると、ほとんど手間がかかりません。香りを強くするには日にしっかり当てて肥料を多くし、香りや苦みを弱めにしたい場合は半日陰で肥料を控えめにするとよいでしょう。好みに合わせて作れるのも家庭菜園ならではですね。

たねまき

15~18cm間隔に、1ヵ所10粒程の点まきにします。光好性なので土はごく薄くかぶせて、たっぷり水やりします。
プランターには2株を目安に、違う品種のたねをまいて楽しんでもいいですね。

発芽

10日以上かかります。発芽しにくいので、土が乾燥しないように新聞紙をかぶせ、上から水をかけます(水やりは朝あるいは夕方の薄日の時に)。発芽したら新聞紙はすぐにはずしましょう。

間引き

【左】本葉が2~3枚になったら、1ヵ所2~3本に間引きをします。カーリーパセリは、葉がカールしているものを残しましょう。
【右】本葉が5~6枚頃に1ヵ所1本にします。直根性なので株元をしっかり押さえて間引き菜を抜き、穴を埋めておきましょう。

追肥・水やり

追肥は生育を見ながら2~3週間に1回化成肥料(8-8-8)を1m2あたり50g程度散布します。
土の表面が乾いたらたっぷり水やりします。乾かないようにわらなどを敷いても。水不足や肥料不足になると葉が黄色くなる場合があるので注意しましょう。

収穫・花茎摘み

【花茎摘み】秋まきして冬越しすると、初夏頃に花茎をのばして花をつけます(とう立ち)。そのままにしておくと株が弱ってしまうので、花茎は早めに摘み取りましょう。わき芽が出てきて収穫ができます。
【収穫】本葉が12~13枚になったら、下の方の外側の大きな葉から摘み取ります。常に10枚くらい葉を残しておくと、長期間楽しめます。

●土づくりワンポイントアドバイス
パセリは水はけのよい土を好みますが、乾燥に弱いので、堆肥によって水もちをよくします。土づくりは1m2あたり堆肥2kg 、苦土石灰100g程度を土に混ぜ込み、約2週間後に化成肥料(8-8-8)を1m2あたり180g程度散布して、たねをまきます。

●パセリの栽培スケジュール
(ベランダでも畑でも栽培できます)

パセリの栽培スケジュール

土づくりワンポイントアドバイス土づくりワンポイントアドバイス

2017.11更新