July

チンゲンサイ

イラスト◎かとうともこ 監修◎山崎弘一郎

すっかりおなじみの中国野菜。
涼しい気候を好むアブラナ科野菜の中では、比較的暑さに強く、丈夫で育てやすいので家庭菜園におすすめです。
ただし、害虫に要注意です。

 独特の丸い葉と、ぷっくりとした根元が愛らしいチンゲンサイ。生育適温は20℃前後ですが品種改良が進んで、春まき、夏まき、秋まきと、それぞれに適応した品種を選んでたねまきすると、長期間栽培が楽しめます。ただ夏場は、病害虫被害や乾燥に弱く水やりも大変なので、プランター栽培用の草丈10~15cmほどのミニチンゲンサイを植えるのもおすすめです。
 チンゲンサイらしく根元の部分を膨らますためには、適切なタイミングで間引きをしながら、しっかり株間をあけてがっちりした株に育てることが大切です。どんどん大きく育ちますが、生育が進むにしたがって葉が硬くなり風味も損なわれるので、草丈20cmくらいで収穫しましょう。春先は低温にあうと花芽が形成されてとう立ちしやすいので注意してください。
 連作障害が出やすいので、同じ畑は1~2年あけましょう。

たねまき

深さ1cmのまき溝をつけてすじまきします。発芽率がいいのでやや粗目にまいてもOK。
薄く土をかぶせて手で軽く押さえ、たっぷり水やりしましょう。

発芽・間引き

4~5日で発芽します。
本葉が出てきたら、葉と葉が重ならないくらいにこまめに間引きします。本葉2~3枚で株間3~4cmに、本葉5~6枚で株間15cmくらいになるようにします。

追肥・土寄せ

間引き後、生育状況をみながら1m2あたり化成肥料を50g施します。倒れないように株元に土寄せしましょう。

収穫

【収穫】草丈が15~20cmに育ち、株元の部分が大きくふくらんできたら収穫適期です。根元をもって引き抜くか、ハサミで切り取って収穫しましょう。
【害虫に注意!】アブラナ科なので、アオムシ、ヨトウムシ、コナガ、アブラムシなどの害虫がつきやすいので、こまめにチェックして取り除きます。防虫ネットや寒冷紗などでしっかり覆うとよいでしょう。

●土づくりワンポイントアドバイス
指導:岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)
酸性土壌には比較的強い方ですが、カルシウムを好む植物です。たねまきの2週間以上前に1m2あたり苦土石灰100~200gと完熟堆肥1kgを施用して土に混ぜ込みます。1週間前に1m2あたり化成肥料(8-8-8)100gを散布し、土に混ぜ込みます。

●チンゲンサイの栽培スケジュール
(ベランダでも畑でも栽培できます)

チンゲンサイの栽培スケジュール

土づくりワンポイントアドバイス土づくりワンポイントアドバイス

2018.07更新