June

オクラ

イラスト◎かとうともこ 監修◎山崎弘一郎

真夏に元気な高温性の野菜です。
暑さに強く、寒さに弱いのでたねまきは気温が十分上がってからにしましょう。
追肥をして株疲れを防ぎながら秋まで収穫が楽しめます。
アオイ科の花もきれいで大人気。

 アフリカ原産のオクラは、日本では冬越しができないので一年草の扱いですが、本来は多年草です。発芽適温が25~30℃と高温なので、直まきの場合は十分に暖かくなってから、早く収穫したい場合はポットまきにして暖かい場所で育苗しましょう。
 オクラは太い根が真っ直ぐ伸びる直根性で、耕土が深く肥沃な土を好みます。水はけが悪いと根腐れを起こすので、水はけの悪い畑は高畝にするとよいでしょう。窒素分が多いと株の勢いばかりで実がつきにくくなります(蔓ボケ)。ある程度、背が高くなったら収穫した実の節から下の葉はすべて摘み取りましょう。樹勢が抑えられて風通しがよくなり、病害虫も抑えられます。
 ピーマンやナスなどと同じく長く収穫が楽しめ、定期的に追肥をして株疲れを防げば、秋までどんどん実をつけます。連作障害があるので同じ畑は2年以上あけましょう。

たねまき

皮が硬いので一昼夜水に浸けてからまくと発芽がよくなります。
1ヵ所3~4粒の点まき(直まきでもポットまきでも可)にし、土をかぶせて上から軽くおさえ、たっぷり水やりしましょう。

発芽・間引き

7~10日くらいで発芽します。本葉3~4枚の頃までに1ヵ所1本立ちに。

植えつけ・追肥

【植えつけ】ポットまきの場合や購入苗の場合は、本葉4~5枚で根鉢を崩さないように抜き取って植えつけます。植えつけ後はたっぷり水やりを。
【追肥】追肥は一番果(最初の果実)の肥大が始まった頃から、1m2あたりNK化成(16-0-16)20gを数回施用します。生育を見ながらこまめに追肥するのがコツ。2週間に1度ぐらいが目安です。土が乾いていたら追肥と同時に水やりすると、肥料の効きがよくなります。

収穫

開花から5~7日後、さやの長さ6~8cmが収穫適期です。ハサミで切って収穫しましょう。
採り遅れると硬くなるので、こまめに見回って早めの収穫を。丸オクラなど品種によって収穫の長さが違うので注意が必要です。

葉かき(摘葉)

ある程度大きくなったら、収穫した実(節)から下の葉1~2枚を残して全部切り取ります。樹勢が抑制されて風通しがよくなり、株元に日が当たって病害虫予防にもなります。株は上へ上へとグングン生長していきます。

●土づくりワンポイントアドバイス
指導:岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)
植え付けの2週間以上前に、1m2あたり苦土石灰100g(前作で施用していれば不要)と完熟堆肥1 kgを散布します。オクラの根は直根性で深く張るので、このときに深く耕しておきます。元肥は植えつけの1週間前に、1m2あたり化成肥料(8-8-8)100gを散布し土に混ぜ込みます。

●オクラの栽培スケジュール
(ベランダでも畑でも栽培できます)

オクラの栽培スケジュール

土づくりワンポイントアドバイス土づくりワンポイントアドバイス

2019.06更新