July

サラダナ

イラスト◎かとうともこ 監修◎山崎弘一郎

レタスの仲間で半結球型のもの。
比較的病害虫に強く、栽培期間も短いので、ベランダ菜園におすすめです。
リーフレタスなどとともにさまざまな品種も楽しめます。

 レタスの仲間には、結球する玉レタス、半結球型のサラダナ、結球しないリーフレタス、茎を食べるステムレタスなどがあります。玉レタスは温度が高いと結球しないなど栽培が難しい点はありますが、サラダナやリーフレタスなどは比較的簡単で、栽培期間も短いのでビギナーにおすすめです。
 発芽適温が15~20℃と低いので、高温期はたねを冷蔵庫に一晩入れてからまくとよいでしょう。好光性種子なので土を薄くかけて、発芽するまで濡れた新聞紙をかけて乾燥しないようにします。春まきはたねまきから約30日、夏秋まきは約60日で収穫できます。
 サラダやサンドイッチなどに1~2枚欲しいなという場合は、外葉からかきとって順次利用できるので便利です。玉レタスより暑さ寒さに強いので、夏場は寒冷紗、冬場はビニールトンネルをかけてやることで一年中栽培することも可能です。

たねまき

夏秋まきの場合、たねは水に濡らしたティッシュに包んで一晩冷蔵庫に入れてから、1ヵ所4~5粒の点まきに。薄く土をかけて、たっぷり水やりします。発芽するまで濡らした新聞紙をかぶせて乾燥を防ぎましょう。

発芽・間引き

3~5日くらいで発芽します。
葉が重ならないように間引き、本葉4~5枚の頃までに1ヵ所1本にします。

追肥・土寄せ

生育期間が短いので、追肥は基本的には不要ですが、生育を見て葉色が薄いような場合は、1m2あたりNK化成(16-0-16)20g程度を施用します。
乾燥しないようにこまめに水やりもしましょう。

害虫対策

比較的、病害虫の発生は少ないですが、生育初期に食害されると生育が悪くなるので、発芽したら防虫ネットや寒冷紗をかけるのがおすすめです。防虫ネットは目が1mm以上あるとハモグリバエが通ってしまうので、0.5mm以下のものを使用してしっかり防ぎましょう。

収穫

本葉が10枚以上になったら、7~8枚は残すように外葉から1枚ずつかき取って収穫できます。中心部が軽く巻いてきたら株元から切り取って収穫しましょう。

●土づくりワンポイントアドバイス
指導:岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)
たねまきの2週間以上前に、1m2あたり苦土石灰100gと完熟堆肥1kg(いずれも前作で施用していれば不要)を散布し、深く耕しておきます。元肥はたねまきの1週間前に、1m2あたり化成肥料(8-8-8)100gを散布し土に混ぜ込みます。

●サラダナの栽培スケジュール
(ベランダでも畑でも栽培できます)

サラダナの栽培スケジュール

土づくりワンポイントアドバイス土づくりワンポイントアドバイス

2019.07更新