September

カブ

イラスト◎かとうともこ 監修◎山崎弘一郎

縄文時代に伝わった歴史の古い野菜です。
大きさや色、形など地方色豊かで品種が多く、家庭菜園でも大人気。
今回は栽培期間が短く、ビギナーにおすすめのコカブを紹介します。

 カブの生育適温は15~20℃と冷涼な気候を好み、暑さと乾燥に弱いですが、寒さには比較的強い野菜です。春まきと秋まきがありますが、病害虫の被害の少ない秋まきが作りやすくておすすめです。
 カブは直根性で根と茎の境界部分(胚軸)が肥大する野菜なので、生育の途中で移植すると根の直上の肥大部分が変形したり、生長が悪くなったりしてしまうので、かならず直まきして育てます。たねはすじまきにすると間引きが簡単に行えます。間引きが遅れると、葉ばかりが茂って根が育たないので、適切なタイミングで3回くらい間引きをして育てます。収穫が遅れるとスが入ったり形が悪くなったりすることがあるので、外葉がきれいな緑色のうちに収穫しましょう。
 カブは連作をすると「根こぶ病」にかかりやすくなるので、アブラナ科の野菜を1~2年作っていない畑を選びましょう。

たねまき

深さ1cmのまき溝を作り、1~2cm間隔ですじまきに。薄く土をかぶせて軽く手で押さえ、しっかり水やりします。

間引き

発芽が揃ったら、葉と葉が重ならないように(約3cm間隔)間引きします。

間引き

本葉が3~4枚で生育の悪い苗を間引きして、5~6cm間隔にします。

間引き

本葉が5~6枚で最終的に10~12cm間隔に間引きし土寄せします。
生育をみながら追肥が必要なら間引き後にNK化成(16-0-16)を1m2あたり40g施し、軽く土寄せします。

収穫

品種によっても違いますが、だいたいたねまきから40~50日、根の直径が5~6cm程度を目安に収穫します。適期を逃さず早めの収穫を心がけましょう。

害虫に注意

アオムシやコナガ、ヨトウムシ、カブラハバチなど、葉を食べる害虫がつきます。寒冷紗や防虫ネットをかけて虫の侵入を防ぎましょう。見つけたらこまめに取り除きます。

●土づくりワンポイントアドバイス
指導:岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)
真っ白いきれいな肌のカブを収穫するためには、早めの準備が肝心です。少なくともたねまきの2週間以上前には、1m2あたり苦土石灰100gと完熟堆肥1kg(いずれも過去1年以内に施用していれば不要)を散布し、圃場が乾いていたら潅水してから深く耕し、土づくりを済ませておいてください。堆肥散布からたねまきまでの期間が短いと、カブの肌が荒れることがあります。
元肥はたねまきの1週間前に、1m2あたり化成肥料(8-8-8)100gを散布し土に混ぜ込みます。

●カブの栽培スケジュール
(ベランダでも畑でも栽培できます)

カブの栽培スケジュール

土づくりワンポイントアドバイス土づくりワンポイントアドバイス

2019.09更新