October

ソラマメ

イラスト◎かとうともこ 監修◎山崎弘一郎

ソラマメという名前のとおり、天に向かって伸びる莢が特徴です。
鮮度が落ちやすい野菜の代表だけに家庭菜園で採れたてを食べるのは醍醐味といえます。
適期にたねまきをして越冬させましょう。

 ソラマメは高温多湿の日本の夏が苦手です。生育適温は15~20℃で、暑さ寒さともにあまり強くはないのですが、幼苗期(本葉5~6枚、草丈10~20cm程度)だけは寒さに耐える性質をもっています。さらに、寒さに当たることで花芽ができる性質があるため、小さなまま冬越しをさせて春先に生長を始めたら、追肥、整枝、摘芯などの作業を行い、花つき、実つきをよくしてやる秋まき春どりがもっとも作りやすく一般的な作型となっています。
 冬越しに適した耐寒性の強い苗を作るには、たねまき時期がポイントです。直まきでもいいですがポットまきが鳥に食べられたりするリスクも少なくおすすめです。育苗期間は約15~20日間、霜が降りる前に畑に定植する計画でたねまき時期を計算しましょう。
 連作障害が出やすいので、3~4年は同じ場所でマメ科野菜を栽培しないでください。

たねまき

ポリポットにお歯黒(窪みに黒い線が入っているへその部分)を斜め下に向けて差し込むように2粒ずつ土に埋めます。たねの頭が見えるくらいに浅まきにして回りの土を軽く押さえ、たっぷりと水やりしましょう。
畑に直まきする場合は1ヵ所に2粒ずつの点まきにして、鳥よけのために寒冷紗などをトンネルがけするとよいでしょう。

発芽・間引き

1週間~10日で発芽します。本葉が出そろったら、生育のよい苗を残して1ヵ所1本にします。

植えつけ

【左】本葉3~4枚になったら、根鉢を崩さないように抜き取って植え穴に植えつけます。植えつけ後はたっぷり水やりをします。
【右】本葉5~6枚が最も寒さに強いので、この大きさで越冬させましょう。寒さよけと鳥よけのために寒冷紗か不織布をトンネルがけしておくと安心です。

追肥・土寄せ

冬を越して開花が始まった頃と、最初の実の収穫が始まった頃に、NK化成(16-0-16)を1m2あたり各20g程度施用して株元に土寄せします。

整枝・摘芯

草丈が40~50cmになったら、混み過ぎた部分や細くて間のびした枝などを株元から切り取り、1株あたり5~7本に整枝します。さらに草丈が60~70cmに育ったら、実が充実するように枝の先端を10~15cm程摘芯します。
草丈を低くすることで倒伏が防げ、さらに先端を摘芯することでアブラムシ対策にもなります。実が大きくなると重くなるので、支柱を立ててやってもよいでしょう。

収穫

品種にもよりますが、開花後35~40日で収穫適期となります。空に向かって生長していた莢が、豆の重みで垂れさがってきたら採り頃です。指で触って豆の膨らみを確認してから、莢のつけ根を手で折るか、ハサミで切り取りましょう。収穫適期が短いので採り遅れないように注意!

●土づくりワンポイントアドバイス
指導:岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)
ソラマメの根は酸素を多く必要とします。通気性のよいフカフカの畑にすることが土づくりのポイントです。そのために完熟堆肥を植えつけ(またはたねまき)の2週間以上前に、1m2あたり2kg散布しできるだけ深く耕しておきます。未熟な堆肥は土から酸素を奪うので逆効果です。堆肥と一緒に苦土石灰(前作で施用していれば不要)100gも散布しておきます。
元肥はたねまきの1週間前に、化成肥料(8-8-8)を1m2当たり80g散布し、土に混ぜ込みます。マメ科植物の根には、空気中の窒素を肥料として植物に与えてくれる根粒菌という細菌が共生しています。窒素肥料が多すぎると根粒菌の働きが悪くなるので注意してください。

●ソラマメの栽培スケジュール
(ベランダでも畑でも栽培できます)

ソラマメの栽培スケジュール

2019.10更新