October

グリーンピース

イラスト◎かとうともこ 監修◎酒井俊昭

春が楽しみな冬越し野菜です。
暖かい春を待ちかねたように愛らしい花が次々と咲きます。
でもエンドウ類の中では最後の収穫なので、さやがパンパンになるまで我慢です!

 グリーンピースは実エンドウです。野菜として食べられているエンドウは、若いサヤを味わう「キヌサヤエンドウ」、サヤと実の両方を食べる「スナップエンドウ」、そして丸々と太った実(豆)を食べる「グリーンピース」と、大きく3種に分けられます。それぞれ専用の品種があり収穫期も違いますが、育て方は同じです。完熟した実はエンドウマメ(穀類)でグリーンピースは青エンドウマメです。
 エンドウは連作障害に弱いので同じマメ科の作物を4~5年栽培していない場所を選びましょう。また、酸性土壌を嫌うので、しっかりと石灰を施して弱酸性の土づくりをします。生育適温は10~20℃ですが、小さいうちは低温に強いため、草丈10~15cmで冬越しをさせて栽培します。早まきをすると、株が大きくなってしまうので要注意です。
 寒さに耐え、暖かくなってくるとグングン生長しますよ。

たねまき

【たねまき】ビンの底などを利用して深さ2cmほどのくぼみを作り、1ヵ所3~4粒の点まきにします。土をかぶせて手で軽くおさえ、たっぷり水やりしましょう。

鳥に食べられやすいので、育苗ポットにまいて植えつけるのもおすすめです。

発芽・間引き

【発芽・間引き】7〜10日で発芽。

本葉2~3枚でよい苗を2本残して間引き、2本立ちにします。プランターでは草丈7~8cmで1本立ちにしましょう。

防寒対策・水やり・追肥

【防寒対策】草丈10~15cmくらいで冬越しさせます。株元に枯れ草や腐葉土、ワラなどをたっぷり敷いて防寒します。

【水やり・追肥】土の表面が乾いたら水やりします。苗の生長が盛んになってきたら、薄めた液体肥料を与えます。

支柱立て

春になって生長が始まったら、2mくらいの支柱を立て、ひもやキュウリ用ネットなどを張ってまきひげをからませましょう。
つるがうまく支柱にからまない場合はつるをひもで結んで誘引します。

収穫

サヤが十分にふくらみ、表面に小じわができるようになったら摘み取ります。収穫が遅れると実が硬くなるので注意しましょう。

●グリーンピースのいろいろ
【グリーンピース】「スーパーグリーン」や「南海緑」などが代表品種。豆もサヤも濃い緑色で粒が大きい。
【うすいえんどう】関西が中心。サヤはやや薄めの緑色で豆は皮がうすくて甘みがある。

●グリーンピースの栽培スケジュール
(ベランダでも畑でも栽培できます)

グリーンピースの栽培スケジュール

2016.10更新