May

ナス

イラスト◎かとうともこ 監修◎山崎弘一郎

トマトやピーマンと並び夏を代表する野菜として人気が高いナス。収穫期間が長く楽しめて、比較的育てやすいのでおすすめです。水やりと肥料不足に気をつけてたくさん収穫しましょう。

 ナスの原産地はインド。高温を好み、蒸し暑い日本の夏でもよく育ちます。植えつけの頃はまだ十分な温度が足りないので、畑にマルチを敷いたり、あんどん囲いやホットキャップなどをしてやると、防風や保温効果で生育が進みます。草丈が20~30cmになったら、これらを外して本支柱を立てましょう。
 ナスは生育期間が長く次々と実がなるので、様子をみながらこまめに追肥を行います。株を疲れさせないためにも実は早めに収穫し、乾燥が苦手なので土が乾いたら水やりも欠かさないようにしましょう。株の勢いが衰え、実つきが悪くなってきたら、枝を切る「更新剪定」をして株を若返らせ、美味しい秋ナスの収穫を楽しみましょう。
 連作障害が出るので、同じナス科の野菜は4~5年あけてから育てましょう。また、共通の害虫を防ぐため、ジャガイモの近くに植えないようにするのもポイントです。

植えつけ

本葉が大きく7~9枚あり、茎が太くて1番花が咲き始めている苗を選びましょう。耐病性のある接ぎ木苗なら、連作障害にも強く安心です。
苗はポットごとバケツの水につけて水を吸わせ、根鉢を崩さないように取り出し、根鉢の上面が地面と同じ高さになるように注意して植え穴に植えつけます。

02

4本の支柱を立てて肥料袋などをかぶせる「あんどん」囲いや「ホットキャップ」をかぶせておくと、保温効果が高まります。草丈が20~30cmになったら外しましょう。

芽かき・追肥・水やり

【芽かき】1番花の実(1番果)が大きくなり始めたら、1番果より下の勢いのよいわき芽2本を残し、それより下のわき芽はすべて取り除きます。
【追肥・水やり】1番果の収穫が始まる頃から、1m2あたりNK化成(16-0-16)20g程度を施用します。2週間に1回程度が目安です。枝の伸びかたや果実の肥大のしかたを観察しながら加減してください。土が乾いていたら水やりすると追肥の効きが速くなります。

支柱立て

主枝に長さ1mほどの支柱を立て、2本の側枝も伸びてきたら枝に沿って支柱を立てて3本仕立てにします。

収穫

株に負担をかけないように1~2番果はやや早めに小さいうち収穫します。3番果以降も中のタネが大きくなって「ボケナス」になる前に、適期に収穫しましょう。

更新剪定

7月下旬頃になると株の勢いが衰え、実つきも悪くなってきます。美味しい秋ナスを収穫するために、太い枝を3~4本残し、伸びてきたわき芽や込み入った枝を切り詰める更新剪定をします(株全体を1/2から1/3くらいまで思いきって剪定)。こうすると、新しい枝葉が伸びて復活します。剪定後は追肥を必ず行いましょう。

●土づくりワンポイントアドバイス
指導:岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)
植えつけの2週間以上前までに、1m2あたり完熟堆肥2kgと苦土石灰100gを散布し、深く耕しておきます。ナスの根は深く張るので、スコップ等を用いて丁寧に耕し、堆肥と苦土石灰を出来るだけ深いところまですき込んでください。
ナスの施肥量はピーマンと同様、他の果菜類に比べるとやや多目です。ただし生育の初期に窒素肥料があまり効きすぎると、茎葉が繁茂して着果や果実色が悪くなることがあります。これを避けるため、元肥には効き目の穏やかな有機肥料を化成肥料と併用します。1m2あたり油かす(5:2:1など)と化成肥料(8-8-8)各100gを、植えつけの1週間前までに散布して土に混ぜ込んでください。

●ナスの栽培スケジュール
(ベランダでも畑でも栽培できます)

 ナスの栽培スケジュール

2020.05更新