家庭菜園・きほんの「基」肥料編

指導◎岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

Qダイコンを育てる前にマリーゴールドを栽培するといいと聞きましたが、どうしてですか?

Aダイコンには根部の表面を加害し、商品価値を大きく損ねる、キタネグサレセンチュウという大敵がいます。この害虫は土壌に生息する全長0.2mm程度の小さなウナギ型の生物で、ダイコンが栽培されると根の表面から侵入し、根に褐色の病斑を作ります(写真参照)。ダイコンの市場価値が低下し、生産農家に大きな経済的損害を与えます。ダイコン以外にも多種類の作物や雑草の根にも寄生しますが、根を商品とする野菜以外では、その発生に気付かないことが多いです。
 マリーゴールドの根や葉には、この害虫を死滅させる成分(α‐ターチエニール)が含まれ、マリーゴールドを栽培し土壌にすきこむと、農薬を使わずに土壌中のキタネグサレセンチュウを退治することができます。この場合、マリーゴールドを5月頃に植え付けて、7月頃に刈り倒して畑にすき込み、9月頃にダイコンの種を播きます。キタネグサレセンチュウに対するマリーゴールドの効果は、農薬以上と言われています。
 ところで、キタネグサレセンチュウの被害を受けたダイコンを食べても、人間には全く害はありません。家庭菜園のダイコンに被害が発生しても、見た目が悪いだけです。安心して食べてください。

img_01
img_01

2019.11更新