家庭菜園・きほんの「基」肥料編

指導◎岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

Q昨年は暑さのためか雌花が咲かず(カボチャ)、蕾でおちてしまいました。生理的落花といわれたのですが、他に肥料面で考えられる原因はありますか?

Aカボチャには雌花と雄花があり、花弁が大きく、がくの下に小さな玉(子房)があるのが雌花、花弁が小さく子房がないのが雄花です。どちらも早朝に開花します。ところが夜間の気温が高いと開花しないで蕾のまま落ちてしまうことがあります。これを「生理落花」といいます。品種や栽培方法にもよりますが、夜間の気温が26℃を超えると、開花が抑制されるというデータがあります。肥料や水を適度に与えてカボチャを健康に育てることにより、生理落花を減らすことはできますが、熱帯夜が続く昨今の夏は、完全に防ぐことはできません。
 ところで、カボチャ栽培では生理落花とともに「生理落果」もしばしば問題になります。生理落果とは、雌花が開花して幼果の肥大が始まっても、ある程度の大きさまでしか育たずに落ちてしまう現象です。生理落花を免れて開花した雌花を、生理落果をさせずに着実に育てて、収穫まで至らせるための管理が重要です。生理落果の発生には着果節位、すなわち成り蔓の雌花を着ける節より下位に着いている葉の枚数と、開花時の受粉の成否が大きく関与します。品種や栽培法にもよりますが、例えば西洋カボチャの「みやこ」や「えびす」を親蔓1本仕立てで栽培する場合、最初の雌花は10節目以上、すなわち親蔓に本葉が少なくとも10枚以上着生してから着けます。15節目程度がベストです。低い節位に着いた雌花は、たとえ開花しても果実を育てるための葉の枚数が足りないので、収穫に至るまで育たずに生理落果するか、または育ったとしても小さい果実になってしまいます。親蔓の10節目よりも下位に、もしも雌花が着いている場合は、早めに除去します。元気な株(葉身が大きく、葉柄が長く、蔓の先端が上を向いているような株が元気な証拠)には、1本の蔓に二つ目の雌花を着けることもできますが、その場合は一番目の雌花から5節以上の間隔を空けます。連続した節位に着けても、二番目の雌花は果実として育ちません。
 また、カボチャの花が実を結ぶためには、受粉を行う必要があります。受粉は開花当日の午前9時までに行います。方法は雄花を摘み取り花弁を除去した後、その雄しべを雌花の柱頭部分に軽く触れるようにして受粉させます。カボチャの花粉は早朝が一番元気なので早朝に行うのがポイントです。受粉がうまくいかないと雌花が咲いても果実は育ちません。適切な節位に着果した果実が肥大を始めたら、肥料の過不足が起こらないように、適量の追肥を行ってください。カボチャは地を這う蔓の途中からでも根(不定根といいます)が生えてくるので、追肥は株元ではなく蔓の下に施用してもOKです。蔓が伸びるスペースが4m程度確保できている場合、NK化成(16-0-16)ならば一株あたり40g程度を施用し、土が乾いていたら水やりします。このようなこまめな管理で「生理落果」を防いでください。

img_01

2019.12更新