家庭菜園・きほんの「基」肥料編

指導◎岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

Q肥料にはたくさんの種類があって何をどう使えばいいのかわかりません。まず、油粕や鶏ふんなどの有機質肥料の特徴を教えてください。

A作物の根は窒素、リン酸、カリなどの無機物を水と一緒に吸収します。タンパク質や繊維質などの、水に溶けない有機物は直接吸収することはできません。油粕や鶏ふんなどの有機質肥料は、その成分がタンパク質や繊維質などの有機物で、土の中の微生物により分解され、硝酸やリン酸などの無機物に変化して、初めて作物に吸収されます。このため、効くまでに時間がかかります。しかし、土の中の有用微生物を増やし、土の環境を植物が育ちやすいように改善する効果があります。化学肥料に比べて肥料としての効果がゆっくり現れ、長く持続するのが特徴です。このため生育期間が長い果菜類や果樹類の栽培に適します。主に元肥として使用します。

img_01

2019.02更新