家庭菜園・きほんの「基」肥料編

指導◎岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

Q酸性土壌を中和するのに石灰をすきこまないといけないと言われましたが、カキ殻石灰や苦土石灰などいろいろな種類の石灰が売られていました。何をどう使うのがいいですか?

A酸性土壌を中和する資材として、炭酸カルシウム(タンカル)、苦土石灰(苦土タンカル)、カキ殻(有機石灰)などが園芸店で市販されています。これらはいずれも同じ炭酸カルシウムを主成分とし、水に徐々に溶けて土壌の酸性を改良します。この他に、酸性改良効果が最も高い資材として消石灰がありますが、成分が水酸化カルシウムであり、アルカリ性が強く取扱いに注意が必要なため、家庭菜園にはあまり一般的ではありません。
苦土石灰はカルシウムの他にマグネシウムを含むため、養分バランスが良く最も使いやすい資材といえるでしょう。カキ殻は窒素、リン、亜鉛等の副成分をわずかに含み、その分炭酸カルシウムの含有量が若干少なく、酸性改良効果がより穏やかです。炭酸カルシウムや苦土石灰には、粉立ちを防ぐために粒状に加工して、取扱いやすくしたものもあります。
初めて酸性改良を行う場合は、いずれの資材も1m2当たり200g程度を施用して深く耕してください。以降は毎年1回、80~100g程度を施用していれば、土壌の酸度を適度に保つことができます。

img_01

2019.05更新