家庭菜園・きほんの「基」肥料編

指導◎岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

Q葉っぱや茎の勢いは強いのに花がつかず実がなりません。何か対処方法はありますか?

A植物は生育にとって都合の悪い環境に遭遇すると、子孫を残そうとして花を咲かせて実を付けようとする傾向があり、逆に環境が良好で特に窒素肥料が豊富にあり、茎葉がすくすく育っている間は、花や実を付けないことがあります。栽培している人の意に反して、茎葉ばかりが生長して、花や実が付かない状態を、「蔓ボケ」と呼んでいます(植物にとっては失礼な言い方ですね)。このようなときには、植物が枯れない程度に水やりを控えてください。植物は水と肥料を一緒に吸うので、水やりを控えることで肥料の吸収も同時に抑えられ、葉っぱや茎の生長を抑えることができます。果樹などでは上に向かって勢いよく伸びている枝を、横向きに寝かせてあげると、花芽を付けることがあります。
 また、昼間の長さや気温の高低などを敏感に感知して、花芽をつける植物もあります。このような植物は、栽培時の日長や温度が花芽を付ける条件にぴったりと合っていないと、茎葉ばかりが伸びてしまい「蔓ボケ」状態になります。

img_01

2019.09更新