家庭菜園・きほんの「基」肥料編

指導◎岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

Q菜園づくりを始めたいと思っています。砂土を畑作向きに改良するにはどうしたらよいですか?

A砂質土壌の欠点は、水分や養分を保持する力(保水性や保肥力と言います)が弱く、水や肥料が下層へと流れやすいことです。このため土が乾きやすく、また肥料不足になりがちです。これを改良するためには、保水性や保肥力を高める資材を混ぜ込む必要があります。園芸店等で市販されている黒土(黒ボク)を、1m2あたり3kg程度散布し、20cm程度の深さまで混ぜ込んでください。併せて、砂質土壌は有機物も不足しているので、完熟堆肥3kg程度も施用してください。
 簡単に砂質土壌を改良するには、「プランターの土」として市販されている、袋をあけたらそのまま使える培養土を、1m2あたり10~20リットル散布し20cm程度の深さまで混ぜ込んでもOKです。

img_01

2020.01更新