家庭菜園・きほんの「基」肥料編

トマトの追肥に適した肥料は?

指導◎岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

Qトマトを作ろうと思って市販の野菜用の培養土を購入しました。培養土だけで育ちますか?追肥用に用意しておいたほうがよい肥料があれば教えてください。

A市販の野菜用の培養土は、野菜栽培に必要な肥料分の他に、腐葉土などの有機物が適量混合されており、多くの野菜栽培にそのまま利用できます。トマトの栽培ももちろん可能です。トマトの場合、根が深く張るように、なるべく深さのあるプランターに培養土を詰めて栽培してください。20リットル程度の袋入り培養土なら、袋の口を開けて立てかければ、袋をそのままプランター代わりに利用することも可能です。袋の底に排水用の穴を数か所開けてから、トマトを植えてください。
 生育期間の長いトマトは、培養土に含まれる肥料分だけでは足りなくなるので、追肥が必要になります。追肥には速効性のNK化成が適しています。1段果房の肥大が盛んになる頃から、NK化成を培養土の表面にパラパラと撒いて、土と馴染むように水やりしてください。または、市販の液肥を所定の濃度に薄めて、水やりを兼ねてジョウロで散布してください。NK化成よりも更に速効的です。

img_01

2020.04更新

閲覧数ランキング