家庭菜園・きほんの「基」肥料編

指導◎岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

Q液体肥料の特徴を教えてください。またどんな時に使うとよいですか?

A液体肥料(以後、液肥)には、窒素、リン酸、カリの三要素を含むものから、ホウ素やマンガンなどの微量要素を含むものまで、いろいろな種類のものがあります。肥料成分が既に水に溶けているので速効性で、基肥、追肥のどちらにも使えます。また、果菜類にも葉根菜類にも有効な万能肥料です。ラベルに記載の濃度に薄めて、水やりを兼ねてジョウロなどで施用してください。効きが速いのが一番の特徴です。ただし肥料成分が流れやすいので、水が滴るような過剰な施用は控え、少量を回数多く施用してください。
 液肥には葉面散布に使えるものもあります。葉面散布とは、葉の表面に霧吹きなどで肥料を吹き付けて、葉から直接吸わせる方法です。土壌に養分があっても根が弱っていて肥料が吸えない状態の時などに、高い効果を発揮します。ただし、使用法を誤ると葉が枯れることがあるので、ラベルに記載の倍率を守ってください。

img_01

2020.05更新