家庭菜園・きほんの「基」肥料編

指導◎岡本 保(JA全農 肥料研究室技術主管)イラスト◎かとうともこ

「わくわく菜園づくり」でおなじみの菜園田ファミリー。東京都内のマンションに住んでいた大地、若菜さん夫婦は美味しいものが大好きで、休日は二人で食べ歩きをしていました。子どもができたのをきっかけに素材の野菜作りから楽しもうと、東京都郊外の庭付き一戸建てに引っ越しました。娘のナナちゃんと息子のアグリくんも畑でのお手伝いが大好きです。
ナナちゃんは虫がちょっと苦手、アグリくんは何でも手づかみするいたずらっ子ですが、種まきや水やりがとても上手です。
これから家庭菜園を始めようというビギナーさん必見!野菜作りの基本のきを紹介します。マスターしたら、本誌の「わくわく菜園づくり」を参考にチャレンジしてね。

菜園田ファミリー
菜園田ファミリープロフィール
  • お父さん:大地(ダイチ)35歳
    お母さん:若菜(ワカナ)33歳
  • 長女:菜菜(ナナ)8歳
    長男:阿久利(アグリ)4歳
  • ペット犬:ユズ(♂)
    ペット猫:アズキ(♀)

Qトマトに追肥をしたら元気がなくなり枯れてしまいました。どうしてでしょうか?

A追肥用の肥料として最も一般的に利用されているNK化成は、硫酸アンモニウムや塩化カリなどの水に溶けやすい塩類を原料とする肥料です。このため、追肥の量が多すぎると植物の根が「塩漬け」になったのと同じ状態になって機能しなくなり、やがては枯死する場合があります。
 ただし、トマトは肥料分が多少濃くても比較的よく耐えられる作物なので、よほど多く追肥をしない限り、追肥が直接の原因で枯死にまで至ることは考えにくいです。「追肥の量を一桁も多く間違えた!!」などの心当たりがなければ、萎凋(いちょう)病や青枯れ病などの土壌病害の可能性があります。これらの病気により、トマトの1段果房の果実肥大が始まる頃、急に枯れる場合があります。トマトの追肥も1段果房の果実肥大が始まる頃から始める場合が多いので、枯れ始めの時期が追肥の時期とたまたま一致したという可能性があります。

img_01

2019.07更新